「明日までにどうしても3万円必要!」という場合は、アコムでの借り入れがおすすめ!

 

「審査回答最短30分」
「30日間なら金利0円」
「即日利用可能」※時間によりますが

 

という条件なので、急ぎの時に重宝します。

 

時間がない方は下記ページからお申し込み後、電話して急いでいる旨を伝えてください!

 

明日までに3万円ほしいならアコム

↑ここをクリック↑

 

借り入れはできない! という方には、自分の給与を前借りできるサービスをおすすめします。

 

※最短即日で現金化可能

 

その他の手段を考えてみるとこんなところです。

 

手段

メリット

デメリット

定期預金を解約する

借金が増えない

利息が大幅に減る

不用品を買い取ってもらう

働かずに手に入る

買取不可な品目がある

日雇いで稼ぐ

自分の都合で対応できる

必ず仕事があるとは限らない

消費者金融で借りる

審査が通ればすぐ手に入る

即時審査できる会社ばかりではない

 

お金の借り入れができないという方

過去にいろいろとあった影響でお金の借り入れができないという方は、下記の方法を試してみてください。

 

明日までに現金3万円をゲットする方法4選

たった1日で3万円の現金を用意することは難しい、と思っていないでしょうか。

 

家の中を見渡してみると、現金3万円はなくとも、『3万円を生み出す可能性のある物』があるはずです。

 

それは高級バッグや時計ではなく、工夫次第でまとまった現金に化けてくれる、どこの家にでもあるような物です。

 

具体的に、現金3万円を1日でゲットするための、4つの方法をご紹介します。

 

定期預金を解約する

総務省が毎年公表している統計データによると、平成30年の定期預金の平均金額は、1世帯あたり650万円台でした。

 

あくまで平均のため、極端に高額の方もいれば、平均よりも少額の方もいるでしょう。

 

しかし、定期預金を一定期間以上続けているのであれば、数百万円と言わずとも、3万円以上は預金できているのではないでしょうか。

 

仮に、定期預金を解約して3万円を得た場合のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

 

メリット

まず、メリットですが、大まかにいうと元から預けていたお金を返してもらうため、新たな借金や損失をすることがない点にあります。

  • 元本が保証されている(預けた金額が減らない)
  • もともと自分のお金なので借金ではない
  • 大きな損失がない

投資信託と異なり、元本(預けたお金)が保証されていることから、自分自身で預けたお金が把握できるのもメリットです。

 

たとえば毎月5,000円の定期預金を契約していた場合、半年以上経っていれば3万円は必ず残高があります。

 

途中解約であっても基本的に解約手数料はかからないため、3万円満額で返してもらうことができます。

 

投資信託のような元本割れがなく、解約手数料もかからない上、借金ではなく自分のお金なので、大きな損失などのリスクがなく3万円を手に入れられます。

 

デメリット

メリットの多い定期預金の解約ですが、以下のようにデメリットもあげられるため、解約前に慎重に検討しましょう。

  • 定期預金の解約が面倒
  • 元本よりあまり増えていない
  • 利息が大幅に減る

定期預金は多くの方が堅実な貯金をするために契約しますが、その理由のひとつが解約手続きの面倒さにあります。

 

銀行の窓口営業時間(平日の9:00~15:00)以内に、身分証明書と印鑑・通帳を持って、長時間順番を待たなくてはなりません。

 

また、苦労して解約しても、思ったほどお金が増えていない点もデメリットです。

 

定期預金の魅力は普通預金よりも高い金利にありますが、それほど高額でもありません。

 

100万円を10年間預けてようやく1,000円程度の利息がつくのが、現在の定期預金の平均的な金利(0.01%)です。

 

更に途中解約の場合、解約手数料の代わりに利息が大幅に減額されるため、契約期間によっては利息が本来の10分の1になる場合もあります。

 

不用品を業者に買い取ってもらう

利息減額のペナルティを受けてまで定期預金を解約したくない、という方は、不用品を買取業者に買い取ってもらう方法はいかがでしょうか。

 

高級時計やブランド服・バッグなどでなくても、専門の買取業者を利用することで、思いがけない値がつくことがあります。

 

ただし、以下のようなメリットとデメリットがあるため、慎重に売る物を決めなくてはなりません。

 

メリット

マニアックなアイテムを持っている方や、一般的な品でも大量に所有しているという方は、以下のようなメリットが期待できます。

  • 24時間申し込める
  • 処分費用が無料
  • 働かずに現金を手に入れられる

定期預金の解約とは異なり、多くの買取業者が24時間申し込めるうえ、出張買取も遅い時間まで対応してくれます。

 

仮に買取不可となった商品も、処分したいのであれば無料で引き取ってくれることが多く、粗大ごみやリサイクルに手間をかけずに済みます。

 

何より、働かずにまとまった現金を即座に受け取れるのは、大きなメリットです。

 

部屋の中もすっきり片付くので、大掃除ついでに不用品を処分してみてはいかがでしょうか。

 

デメリット

買取業者を利用する場合も、次のようなデメリットがあげられるため、ある程度は覚悟して買取申し込みをする必要があります。

  • 持ち込みが面倒
  • 買取金額が安い場合が多い
  • 業者ごとに買取不可な品目が異なる

出張買取をしてくれる業者が多い反面、商品の種類や数によっては出張してくれない場合もあるため、事前確認を必ず行いましょう。

 

出張不可の場合、自分自身でお店に持ち込むか、宅配を利用しなければならず、面倒だったり日数が多くかかったりします。

 

中には何でも買い取ってくれるリサイクルショップもありますが、そのような業者の多くは、早く商品を売るために、買取金額を低めに設定しているケースがほとんどです。

 

その他、業者ごとに得意としている商品が違う場合は、査定自体を断られることもあるため、商品に合わせた業者選びをしなければなりません。

 

 

日雇いバイトで稼ぐ

定期預金も不用品もない、という方が即日で現金を手に入れる方法のひとつが、日雇いバイトの活用です。

 

日払い可能なバイト先を探せばすぐにまとまった金額を得ることができますが、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

メリット

日雇いバイトといっても、工事現場や試食販売、チラシ配りなど仕事は多種多様ですが、多くの日雇いバイトに共通するメリットは、以下のとおりです。

  • 都合の良い日程で仕事できる
  • 日払い可能なところが多い
  • 仕事内容が簡単

日雇いバイトの中には、深夜の工場勤務や早朝のスーパーの製造・品出しなど、日中働けない方でも勤務できるような時間帯の求人があります。

 

また、履歴書不要で即日勤務ができる場合もあり、スケジュール調整しやすいのがメリットです。

 

仲介業者は日払い可能なところが多く、日雇いの単発バイトのため、作業内容もさほど難しくありません。

 

イベントの行列整理や工場のライン作業など、簡単な説明を受ければ誰でもできる仕事内容ばかりです。

 

デメリット

手軽に始められる日雇いバイトですが、以下のようにデメリットもあります。

  • 必ず仕事があるとは限らない
  • 日払いが翌日払いの場合もある
  • 1日で3万円は稼げない

多くの仕事が用意されている単発の日雇いバイトですが、一方で継続案件など条件が設けられているものも多く、申し込んで必ず仕事をもらえるとは限りません。

 

現場によっては「前回と同じ人に」と希望する場合もあり、仲介業者に登録してすぐに働かせてくれる現場も、すぐに他の人で埋まってしまいます。

 

また、日払い可能と書かれているからといって、勤務後にその日のうちに給与が支払われる仲介業者ばかりではありません。

 

即日での給与を希望する場合は、企業が直接募集している日雇いバイトに応募する必要がありますが、個人ではなかなか見つけられないのが難しいところです。

 

そもそも、日雇いで3万円を1日のうちに稼ぐことはほぼ不可能といえます。

 

時給が高い仕事でも、せいぜい日給1万円前後が平均です。

 

消費者金融で借りる

「給料日の後だったら、確実に3万円用意できたのに」という方は、一時的に消費者金融で借りる方法もおすすめです。

 

借金するというとドキッとするかもしれませんが、以下のようにデメリットだけではなく、メリットもあります。

 

メリット

ドラマや映画の影響で怖いイメージを持っている方も多いかもしれませんが、近年は規制が厳しくなり、基本ルールさえ守れば安心して借りることができるようになりました。

 

消費者金融には、以下のようなメリットもあります。

  • 申し込んですぐに現金が受け取れる
  • 申し込み方法が簡単
  • 融資枠以内なら追加で借りられる

テレビCMでもおなじみの、最短数分で審査申し込みから完了まで終えることができます。

 

現金は近くのコンビニや銀行のATMから引き出すため、近くに店舗がない方でも即座に借りることができます。

 

審査も、近年はスマホで必要事項を入力するだけのオンライン手続きが普及し、少額であれば、面倒な書類の用意や捺印が不要です。

 

消費者金融ならではのメリットといえば、何度でも借りることができる点です。

 

審査後に決定する融資枠内であれば、何度でも追加で借りることができるため、「やっぱり3万円じゃ足りなかった」というときにも便利です。

 

明日までに3万円ほしいならアコム

↑ここをクリック↑

 

デメリット

消費者金融を利用する際に知っておくべきことが、以下のデメリットです。

  • 即時審査できないところもある
  • 金利が高い
  • 業者によっては家族にバレる

テレビCMやチラシでおなじみの大手消費者金融であれば問題ないのですが、中小規模の消費者金融の場合、即時審査に対応していない場合があります。

 

最短で翌日というところもあり、現金を手に入れるまでにかかる時間が、銀行でのローンと大差ないといえます。

 

消費者金融を利用する際に注意すべき点が、金利の高さです。

 

業者ごとに前後しますが、3~20%(銀行は1.7~17%程度)の間で決められます。(初めての利用時は金利の上限が適用される場合が多いです)

 

ただし、消費者金融の場合は『初めての利用で30日間無利息』などキャンペーンを利用すれば、銀行よりもお得に借りられます。

 

消費者金融を利用する際、専用カードを作成する場合は、自宅にカード等が届くため家族にバレやすいリスクがることも要注意です。

 

カード作成なしの完全ネット完結型のサービスを利用すれば、家族バレや郵便物が自宅に届くリスクを避けることができます。

 

低額なら消費者金融がおすすめ

3万円を用意する方法は複数ありますが、明日までに確実に現金で用意するとなると、その方法もかなり限られてきます。

 

確実性を求めるなら、インターネットで申し込めるタイプの消費者金融がおすすめです。

 

上記でご紹介したとおり、消費者金融にもさまざまなデメリットがありますが、業者選びを慎重に行えば避けられるものばかりです。

  • 即時審査できるところを選ぶ
  • 利息が30日間無料になるキャンペーンを利用する
  • カード発行・郵便物なしの完全ネット完結型を選ぶ
  • 近くのATMで現金を受け取れる業者を選ぶ

これらのポイントを意識して消費者金融会社を選べば、損をすることなく即座に3万円を現金で手に入れることができます。

 

ちなみに銀行でも少額ローンを受けることができますが、審査まで時間がかかったり、使用目的が限られていたりと、不便さが目立ちます。

 

消費者金融で借りるお金は使い道を限定しておらず、ショッピングや旅行、冠婚葬祭などの費用はもちろん、突然の入院や支払い忘れにも利用できる点が魅力です。

 

まとめ

明日までに3万円用意しないといけないけれど、給料日までまだまだ日がある、というときは、即座に現金を手に入れる方法を試してみましょう。

 

不用品を売却したり日雇いバイトを入れたりと、方法は複数ありますが、必ずしもその日のうちに3万円をゲットできる確実性に欠けます。

 

短時間で確実に現金を手に入れるなら、消費者金融がおすすめです。

 

初めての利用者は30日間金利0円のキャンペーンを行っている消費者金融で借りて、次の給料日に返済すれば、利息を支払うことなく3万円を用立てられます。

 

明日までに3万円ほしいならアコム

↑ここをクリック↑